2011年09月30日

続き

真名井神社の「真名」とは、「本当に素晴らしい」という意味があるそうで、「真名井」とは「天の神聖な水の出る井戸」という意味らしいのです。
野球の長島監督も“御神水”のご利益に授かったというのです。
同神社の関係者によると、「長嶋茂雄監督の夫人が生前、この水を汲みにいらっしゃいました。 その年、最下位だった巨人の成績を案じて訪れたそうで、翌年見事優勝。 また、結婚する前の羽生善治さんと畠田理恵さんも来られていました。 縁結びの徳があるともいわれているんですよ」と話していらっしゃます。

眞名井さんの水というのは、実は、しらたんもケガをたくさん直していただきました綺麗な水で、傷口を洗うことは、一番の消毒になりますしまたそれにとどまらず神さまの御利益もいただいていたはず

聞いたところによると、宮津市の府中地区の土地が潤ったのは、すべて眞名井の水のありがたい恵みがあったからとか

川はやがて海へと流れますが宮津市は古い時代から、海の幸に恵まれて栄えましたもちろん、山の幸も多くあります

健康をもまもる御利益、人の心の絆を結ぶ御利益、そして、人の命の源である食を守る御利益得たい幸せの集まるパワースポットが眞名井神社のなのですね

みなさま、ぜひ、幸せと縁結びをするために、お越しください!
ちなみに、マナとは、人の魂を表す言葉でもあると聞いたことがあります自然や人、魂そのものを表す言葉が名としてある神社しらたん的にはパワーが集まり、パワーが発信される、強力なスポットだと思っています! 神社の境内にある、天岩戸、こちらも必見!岩と木々が絡まり合って、まさしく、これは、あの神話に登場する岩戸そのものといった感じですよこの形もまた珍しいのです
天橋立@しらたん
posted by スタッフ at 14:07| 京都 ☁| 天橋立・丹後全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。