2011年01月26日

本日雪の日には

雪舞い散る中、自転車をこいでいたら雪が濃くなりはじめました。
ふと、前をみると目の前が白く、半透明な帷がおりたように。紗の衣に包まれた暖かさです。
眼前をみあげると、山肌は、丹後のちりめんの白布を思わせるようにキラリと光りました。これは雪と緩やかな自転車の速度が織りなす魔法です。
自転車は危ないので、すぐに帰りましたが、思わぬラッキーに胸が暖かくなります。
丹後は魔法と宝箱がたくさんつまった、美しい国です
posted by スタッフ at 13:55| 京都 ☀| 天橋立・丹後全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。