2011年01月22日

丹後のダンゴ

本日、宮津市内においしい団子屋がオープンしました!
丹後でダンゴということで、丹後から、おいしい団子をみなさんにおとどけします。

お団子の歴史は、日本の縄文時代にさかのぼるそうです。ドングリの木の実をつぶしてあくを抜き、乾燥させて水でこね、丸めてつくりました。弥生には、米でつくるようになったと伝えられています。
京都丹後米製造所より、お届けする団子は、京都丹後米特産品のコシヒカリ(特A受賞)の米・玄米を使っています!
そして、人気のみたらし味に使用するのは、歴史と伝統のある地元特産の袋屋醤油「あしぎぬ」です。
みたらしのたれのとろみは寒天を使用し、健康にも気を使っています。
一味違う、団子を、丹後から味わっていただくために。豊かな食文化を誇ってきた丹後より、味覚で風情と歴史を味わってください。
味の文化は活力の源!生きることそのものであり、楽しむ芸術です!
どうぞ丹後をまるっと、召し上がれ!

続きはこちら(注:リンク先は個人のブログになりますので(社)天橋立観光協会は文責を持っておりません)
posted by スタッフ at 20:19| 京都 ☀| 天橋立・丹後全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。