2011年01月13日

宮津や丹後の冬の特徴といえば、美しい雪景色の見れることですが、今年は去年よりも雪が降る機会がおおいようです。この週末にかけて、宮津らしい天気になるようですね。
雪が降るとうちの中にこもりがちになってしまいますが、「こもる」といっても一人で部屋の中にいるというよりは、人と一緒になにかする機会の多くなるのが冬。
鍋をみんなで囲んだり、御酒をつぎあったり、それから、炬燵に脚をつっこんだり。
人との距離が近くなる冬は、寒さを忘れるほど、たのしい会話があったりします。
宮津や丹後の冬は、雪などが降るくらいですから、都会より少し寒いかもしれません。そのために、人と人がいっしょにいることで暖をとれる空間が多くあるかも。暖があるところには、人があつまり、談がとれます。
きっと、心が芯から温まる素敵な旅ができることとおもいます。

どうぞお越し下さい。
こちらにも丹後の記事があります(注:リンク先は個人のブログになりますので(社)天橋立観光協会は文責を持っておりません)

今日の話題はプリンセス天橋立など・・・リンクをクリックしてください!
posted by スタッフ at 10:03| 京都 ☁| 天橋立・丹後全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。