2009年05月14日

宮津祭(5/14・15)に是非お越し下さい!

P1020379.jpg  P1020382.jpg  P1020385.jpg 
P1020392.jpg

5月14日・15日には宮津の春の最大の神事、「宮津祭」が行われます。
5月15日(金)は本日(ほんび)で朝から太鼓や御神楽が町中を清めて練り歩き、12時には大神輿が出門します。20時頃から行われる宮入はクライマックスを迎え熱気は最高潮に達します。
和貴宮神社、山王宮日吉神社に是非お越し下さい!

本来江戸時代初期の頃は、山王宮日吉神社の祭礼、山王祭(4月の二の申の日)が「国祭」と称され宮津城下最大のお祭りだったそうです。そのころの様子が佐藤正持の手による巻物によって現在も伝えられていますが、その祭礼の最も大きな特徴は祭礼行列が城内へ入り、藩主がこれを見物する点にあるようです。各地区から「山」「鉾」「神楽」「太鼓」「神輿」などがだされ、それはそれはにぎやかな様子が佐藤正持の絵から読み取れます。
文政十二年(1829)に同じ城下町にある分宮の祭礼(9月11日)に神輿を出すことが認められます。それ以降新暦になった後も、春の山王祭と秋の分宮祭礼と宮津では2回お祭りがあったのですが、戦後統一され、5月15日には二つの神社からそれぞれ御神輿・神楽・太鼓がでるという町中が祭でうめつくされる、大変賑やかな日となりました。
posted by スタッフ at 10:56| 京都 ☀| 宮津エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。